エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

近所のおばさんと、近所のおじさんの不倫現場を目撃した
自分の親じゃないんだけども、まだ俺が幼稚園位のガキの頃に家族ぐるみでお付き合いのあった近所のおばさんと、同じく近所のおじさんの不倫現場を目撃したね。 物凄くそれは鮮明に覚えてて、その後の俺のオカズネタのNo.1だね。
☆後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに完(ブロマガ転載禁止)
ブロマガ記事です
新人OLだった頃二人の同僚に廻された
私が新人OLだった頃、同僚の2人に犯されたことがあります。それもオフィスで・・。残業を終えて帰ろうと更衣室に行ったときに、後ろから抱きつかれ、隣の休憩室に引きずり込まれました。訳が分からず、抵抗しましたが怖くて声が出ません。
私は主婦のオシッコ臭のする下着をかぐフエチです
わたしは地方都市のJ○関係者。熟女好きにはたまらない職場です。最近は就業者が減っていますが、それでも兼業でパートでお手伝いする主婦は多いものです。 私は35歳既婚者。ここ5年で5,6人の主婦。40代後半50代のおばさんとHしてきました。向こうも割り切ったつきあいで家庭には迷惑かけないようにするので、結構いただき物です。
資産家の風俗仲間の開催する痴女牧場で、元人妻達と酒池肉林
GWの初日を使い私は痴女牧場に行ってきました。痴女牧場とは、私の風俗仲間の宮間さんが開催しているパーティーの名称です。寝取り大好き宮間さんは、表の仕事とは別に性に関するイベントを行うのが趣味です。宮間さんは大変な資産家であり、郊外に立派な豪邸を持っています。
出会い系の木の実ナナw
ことの始まりは約1ヵ月前、童貞を捨てたい俺は遂に出会い系に手を出した調べたらワクワクとハピメ推しのサイトばっかでてきたけど円率が高かったんでやめただからこの前は癒し妻新空間といういかにもっぽいサイトを使ってみた癒し妻新空間の掲示板を見てたら「セフレ募集」の書き込みを発見したわけ。もうセックスしたくてたまらんからすぐメールした。&l
高校の頃、やっと出来た彼女を白人の留学生に寝取られた
これは俺が高二の時の話。結構修羅場だったんでよく覚えている。近県の田舎から関東近郊の高校に入学した俺は、高校生なのに一人暮らしをする事になった。一人暮らしと言っても、たかが15才の子供がアパート借りれるはずもなく、学生向けの下宿に住む事になった。
★大切な彼女が目の前で他の男のチ○ポに染まるお話
社員旅行で女の部下達と混浴してやれた話
去年の社員旅行での話。社員旅行と言ってもうちの会社は各課毎にそれぞれ時期も場所も別々に行くので、俺達は6人だけで行ったのだが・・・。内訳は男3人(オレ・同僚・上司)+女3人(3人ともオレの部下)。
大雨の日にびしょ濡れのルミを拾った
相手はルミ17歳です。先日の大雨のとき車で走っていると人気の無い道路でびしょ濡れになっているルミがいた。声を掛け車に乗せてあげると寒いと言い出した。家を訊ねるとかなり遠いところだったので俺の部屋に連れて行きお風呂を貸してあげた。服が乾くまで俺の服を貸してあげた。
離婚した娘と同居したら、毎夜オナニーをされて……
俺と妻の間には二人の娘がいます。娘は二人とも結婚したんですが、子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました。家も手放して、俺は一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしています。そんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。小さい子供も抱えてるし。&l
46才の主婦ですが、高卒19才の男の子との事です
46才の兼業主婦です。昨春、入社した高卒19才の男の子との事です。私は今まで2~3回の浮気はありましたが全てが年上の方でした。彼とは部署は違いますが机が近く何よりも入社当時より慕ってくれました。私の一人息子は今は大学生で都会で一人暮らし。彼も田舎の出で今は一人でアパートに住んでいます。
噂の絶えない会社の憧れの女性の秘密を知った俺は
俺は30歳、会社員俺の会社は電気部品の工場で、俺は製品管理をしている。そんな時、友人から噂話を聞いた。事務員の女と検査の男が浮気をしているとの事。しかも、書類室で密会をしていて、中では何をしているのか?その女は俺の2歳年上で、かなりの美形(スタイル抜群)。俺は入社当時から憧れの女性だった。しかし、結婚していたので俺は諦めていたのだ。しかも、相手の男性も結婚していて、まさにW不倫
もう、旦那よりもたくさん注ぎ込んだんじゃないかな?
人妻との不倫。心ときめく言葉ですね。もう時効ですよね!離婚成立から時間も経ち、奥さんとのW不倫のことは。
友人宅に泊まったら、嫁さんが授乳して前がはだけたまま抱きついてきた
先日、2日間の研修があったため、友人Hの家に泊まった。自宅から行けないわけでもないが、朝の弱い俺にはどうにもキツい起床時間になるためだ。滞りなく1日目の研修も終わり、友人の家に行くと嫁Yと子供しかいない。お先にということでみんなで晩ご飯を食べ、子供の相手をして友人の帰りを待った。Hを待っている間にYが子供を風呂に入れるというので、俺は銭湯に行った。風呂を貸してくれると言ってくれ
入院中に、入院中の若妻に手を出してみたら
俺31既婚子持ち。相手24既婚子持ち。顔は西田尚美に近い清潔感ある感じ。痩せ型・胸はない。俺は入院生活が溜まってて、ムラムラしてたんだ。彼女も入院中だったからパジャマにカーディガンを羽織っててさ、胸のボタンをいくつか開けてて…前屈みになる度に目が行ってた。
妻の本家で、妻が従兄にやられかかってしました
私たち夫婦が正月に妻の本家に集まった時の事実の話です。私は30歳、妻は28歳、4歳になる娘が一人います。妻の本家は田舎で、親戚がかなり集まります。妻も台所仕事を手伝わされていました。親戚の中で妻にやたらと接近してくる男がいました。妻の従兄なんだと思いますが、何か嫌なタイプで、年は私くらいでしょうか。
子供を義姉に預けて友人夫婦と鍋パーティーをしましたw
子供をちか(嫁)のお姉さんに預けて隣のご夫婦と家で鍋パーティしました。以前から4人で飲むとセックスの話になり、ちかを除く3人はノリノリでした。俺と隣の旦那Iさんはノリノリで、今回はしようと決めていました。が、ちか次第。ちかに“子供をお姉さんに預けよう”というと何も言わずに預けたので覚悟したのかもしれません。
ストーカー男の人妻調教日記
何年ぶりだったろう。大学を卒業してかれこれ10年、お前も32〜33歳になっているはずだ。けれども、少女を思わせた細りとした華奢な肢体も、パッチリとした瞳の愛らしい笑顔も、少しも変わっていなかった。むしろ大人の女の落ち着きと、清楚な品の良さは、俺を欲情させるに充分な魅力となっていた。俺の愛を受け入れず、会社の同僚のつまらない男と結婚して、転居していった淳子。
私は、自分でもあきれるほどのメス豚です
26歳の紗希です。大阪の某保険会社の総務部で働いております。私のM女遍歴を投稿させて頂きます。元彼と初めてエッチした時から私は雌豚になりました。
ピンサロで、まだ20歳の巨乳の嬢に生ハメ中出しした
5年前、24才の時です。場所は東京郊外の乗り換え駅。スロットで大勝したので久しぶりに行くかって感じでピンサロにいきました。そこは何回かいったことはあったが、このときは半年ぶりぐらいでしたね。「いらしゃいませ。ご指名は?」「別にないです。」「ではこちらへ」みたいな感じで席に案内され、まつこと2~3分。
小さな職場の仲間を自宅に招いたことで、妻をシェアすることになりました
去年の8月の話になります。私は一昨年の秋に再就職して1年を迎えようとしています。測量という仕事で、外で働く機会が多いんです。職場は10人程の小さな所で、いつも一緒に動くメンバーは決まっていました。若手20代の男性2人(タクヤ・リョウ)と50代の男性(雅さん)、それに私(42歳)です。
島に単身赴任でやって来て、ナースの生足に見とれているうちに
私は海産物の栄養学的な研究を普段やってて、会社の都合である日、とある島に転勤になりました。子供が田舎でのびのび育つのもいいなと思ったけど、教育はちゃんとした都市で受けさせたいという思いと、嫁が田舎嫌いなのもあり、私一人単身赴任を決めました。島にやってくる直前、趣味でやってたテニスで膝を痛めてて、定期的に整形外科に通ってたので、正直、医療レベルが下がる離島は嫌だった(後で偏見だと知る)。
パチンコ屋のコーヒーレディと交渉した結果w ヤバいヤツだったw
数年前の話だが、行きつけのパチ屋にお気に入りのコーヒーレディがいた。背が高く、清楚な顔立ちにボブヘアーが良く似合う。健康的な感じなんだが、細くもなく太くもなく調度良くムチムチした身体がたまらない。ミニスカートから伸びるパンストに包まれた脚を眺め、仲良くなれないかなぁっと思いパチにふける日々。
幼馴染みのアンドレと再会してまさかの展開になった
地方の大学に入った俺は、安いアパートに下宿し、コンビニでバイトしていた。3回生の時だ。ある夜、忙しい時間帯に客を捌いていると、突然客の一人に、「(俺)…、くん…?」と声を掛けられた。
若妻が万引きするのを見た俺がしたことは、当然アレだった
俺は先日、千葉のJR某駅から歩いて10分位の某ショッピングセンターの化粧品売場で、偶然にも万引きしている若い女を見かけたので、店の外に出たところで声をかけて女を呼び止めた。彼女はギョッとして大きな目を見開き、俯いてしまった。俺は警察を呼ばないで目をつぶる代わりに、今日1日、華奢でスタイルの整った体を自由にさせてもらう強引な交渉で彼女をラブホへ連れ込む事に成功した。
やっと出来た彼女ですが、その妹が小悪魔でした
僕が高校一年生の時、初めて彼女が出来た時の話です。彼女の名前は久美子、背が小さく可愛い感じの子でした。僕も身長が低く(155cm位)、周りからはお似合いだと言われていました。付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。エッチに興味はあったのですが、元々奥手なのでどうしても切り出せなかったのです。
※奇跡的に付き合ってくれた自慢の彼女が、処女は他の人に奪ってもらうと言った(転載禁止)
「本当にするの? やっぱり、やめて欲しいよ」僕は、情けない声ですずにお願いした。でも、すずは真面目な顔で、『約束だったでしょ? 今さらそんなのダメだよ』と、言った。僕は、そう言われてしまうと何も言い返せなくなり、黙ってうつむいた。僕みたいな陰キャがすずのような可愛い女の子と付き合うことが出来たのは、本当に幸運だったと思う。すずは、彼氏の僕から見ても完璧な女の子だと思う。顔も可愛
手錠で拘束オナニーをして抜けられなくなり、元カレに助けを求めたら
みくです。大学1年の頃の話なんだけど。サークルに入って新しい友達も出来て遊び放題。毎日楽しい日々を過ごしてまちた♪wでも、バイトもしてないのに飲み会ばかり行ってたら当然お金がなくなり、その日は誘われたけど「用事がある」って言って家にいました。まぁ当然何もなく、家でぼーっとテレビを見てたんだけど。
夏休みに学校のプールに練習に行ったら、先生を含めて女しかいなかった
水泳部だった俺は夏休みになると学校のプールへ練習に行った。水泳部と言っても、俺の学校の水泳部ははっきりってお遊びみたいな感じで、顧問の先生も元水泳部とかそんなんじゃなく、運動ができない普通のオッサンが名ばかりの顧問ってだけで全然力が入っていなかった。部員も俺が入った時は先輩が何人かいたけど辞めたり卒業したりで、実質的に活動しているのは男子は俺一人、あとは女子で部長のりな先輩(3年)と、みどり(2年)がひとりずつって感じだ。
彼氏を調教して、良い声で鳴かせてます
彼氏から喘ぎ声が聞きたくて責めてる・・。やりかたっていつも同じじゃないんだけれど、とりあえず昨日した事。ベッドの上の方の柵に彼の両手を伊達締め(着物好きなので紐類は多数所持)で軽くでも自分ではほどけない様に縛る。おでこからまぶた、そして顔全体にキスして、彼の目を見ながら彼の唇を軽く噛んだり舐めたりして、いきなり唇を合わせて舌を伸ばして彼の舌を吸い込む。
愛する妻が事故で死に、残された日記には私の知らない妻の姿が
5年間の家庭生活は、妻と息子の事故死という形で幕が下りました。最愛の妻は29歳、息子は2歳でこの世を去りました。2人が出会ったのは私が25歳、妻が23歳の時でした。妻は特に美人でも可愛いわけでもありませんが、純朴で優しい女性でした。妻と出会って1ヶ月で深い関係になりました。23歳の妻は既に処女ではありませんでしたが、私は気にしませんでした。
幼馴染みみたいな近所のJSにアレを見せろと言われて
筆下ろしまでいかなかったが、年下の子、それも小学生にリードされてエロい事をしてもらった事がある。 その子は近所に4歳下の幼なじみで、小学校の時は同じ登校斑だった。 名前は仮に裕実としておく。
水商売風のママと公園で話してたら、パンツが見えまくりだった
俺は数ヶ月前にこの町に引っ越して以来、少し気温も暖かくなってきた事から仕事のない日曜日は近所の公園で本を読みながらすごす事が多くなった。そんな公園でよく見かける20代後半くらいの水商売風の子供連れの女が、同じ時間帯に公園にいる事に気が付いていたが、最初はこれといって接触する事もなかった。しかし、幼稚園か小学校低学年くらいの女児が俺になついてしまい、自分で作った泥団子や持ってきた玩具を「これみてみて」と
幼馴染みの彼女が、チンピラ達に染められてピアスもタトゥーも入れてしまった
高校1年の時の話です。 当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。 告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。 少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。
妻に先っぽを切ったゴムで生ハメしてみた
相手は妻なんですが、日頃のSEXについて語っていきます。夜子供を寝かしつけたあと、妻とは割と普通に始まります。おれ「ねえねえ、今日どう?」妻「えぇ…眠いんだけどなぁ…」
腐れ縁の幼馴染みと、キスしたら気持ちが抑えられなくなってしまい
去年の事。苦しい受験が終わり、何とか念願の高校に入れた。幼稚園の頃からの幼なじみ(幼なじみというより腐れ縁に近いかな)のA子と同じクラスになって安心。でも一緒に登校とかしてると、クラスの奴らに小学生みたいにからかわれるんだよな。A子と話して別々に行く事になった。でも、そうなるとちょっと寂しかったりしてな。
知り合った女の子と泊まりでツーリングに行ったら、同室で泊まると言い出した
隣の県まで隼に乗ってブラッとツーリングに出た。別に目的があったわけではない。唯何となく。公園が目に付いたので、タバコ休憩をしようと思ってバイクを停めた。ベンチに座りタバコを吸ってたら奥からライダーの格好をした女の子が歩いてきた。そういえばSUZUKIのVoltyが停まってたな。
夫が女扱いしてくれませんが、先日ナンパされて浮かれてしまいました
去年のことです。忘年会が終わって一人街を歩き帰るときにナンパされた人と、後日会ってしてしまったのです。娘は高校生で家事だけでは暇なので5年前からスーパーで働いてます。40歳だと世間では熟女ですか?まだ若いつもりですが、夫はもう女扱いしてくれなくなりました。
あまりにモテなくて、男同士でフェラしちゃうくらいの俺に起きた奇跡w
高校時代といえば、やっぱ青春ですよね。 みんな次々に、男になり、女になり、着実に階段を昇り始めます。 けど、必ずそのスピードに乗り遅れる人間がいるわけです。 オレは紛れもなくそっち側の人間でした。 運動神経も悪く、ガリガリでいじめられっ子のオレは当然ながら童貞でした。みんなが筆おろししていくのを、ズリネタに
私のロストバージンは、ルームメイトの野菜でした
私は都内の大学の4年生です。大学3年生の時、大学の寮から2DKのマンションにルームメイトと二人で住むようになりました。ルームメイトは玲奈さん(仮名)といい、とても活発なお姉さんタイプ。逆に私は大人しい方なので、妹のようにあれこれ教えてもらっていました。
単身赴任先で、モデルだった店長とやってしまいました
俺は単身赴任中である。家には妻と子供がいるが、俺ひとりで大阪に住んで4ヶ月になる。俺はあるチェーン店の本社の人間だ。店舗の子はみな、すごく可愛いから幸せ。
飲み会の店で、妻の妹がいて一緒に飲んでいたら朝までやりまくることになった
俺は、28歳の会社員。先週の土曜日、俺は、会社の飲み会に行っていた。3次会で行っていた店で、偶然、妻の妹の美江子に会った。美江子は24歳。小柄だが、凄くスタイルがよく、かわいいタイプ。美江子も今日は、会社の飲み会だったそうで、以前、妻と美江子の旦那と美江子と俺の4人で飲みに来たことのある店なので、なんとなく寄ってみたのだそうだ。
工場の事務で働いていましたが、職人さんの指使いはヤバかったです
私は数年前まで、とある町工場で事務の仕事をしていました。そこはほんとに小さな工場で従業員も4人しかいなくて、ほんとにいつ潰れてもおかしくない職場でした。私は離婚してから、すでに4年が経ち、知り合いの人にその工場を紹介してもらい、事務の仕事をしていました。でもそこでは、私の性を開眼させてくれた職場で、今でも違う意味で感謝しています。
※合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた(転載禁止)
『本当に、するつもりなの?』嫁の美穂が、少しあきれたような顔で言う。「ダ、ダメなの? 約束したじゃん!」私は、慌ててそう言った。『それはそうだけど、どうしてそんな事したいの? 違うか、させたいの?』嫁は、本当に理解出来ないという顔だ。私は、何度も説明した事をもう一度話した。
修学旅行で、男子3人に連続イキ調教された
中学生の時、京都へ修学旅行へ行きました。私の学校は修学旅行を九州、北海道、京都・奈良から選択でき、京都・奈良を選択する人は少数でした(といっても30人強)。小人数だったためか、先生達が勝手に決めた3人一組の行動班で自分たちの行きたい所を決め、好きな所に行って良いという変わった形式の修学旅行でした。泊まった旅館もそれほど大きいところではなく、一部屋3人で行動班毎に泊まることになっていました。
高2の夏、ヤリサーの大学生達に廻されました
忘れもしない高2の夏休み。初めて付き合った彼氏と別れて、ちょっと警戒なしに遊び始めて・・・、まんまと毒牙にってやつです。もう6年近く前のお話だけど。バイト先で知り合った女の子に誘われたんです。大学生と飲み会やるから来てって。
音波洗顔器をクリトリスに当ててみたら、世界が変わりましたw
23歳の麻衣です。外見は黒髪のストレートで、都内の会社で受付嬢をしています。身長は163cm、体重は内緒・・・。サイズは上から87、60、90です。顔は壇蜜ってタレントさんに似てるって言われます。受付なので外見は綺麗にするように言われているので、美容には気を遣っています。
ベロベロに酔ったOLが苦しそうだったので助けてあげましたw
週末の金曜深夜、京浜東北線は酒臭い電車でした。上野から一人の、まだ社会人になりたてな感じのOLが乗車してきました。かなり酔っているらしく、窓際にもたれてかなり辛そうでした。何駅か過ぎ田端駅に着くと、その女はふらふらと下車していきました。私も田端で降り、その女を見ていると、ベンチに腰掛けてうなだれてしまいました。
妹に、両脚折られるかちんこ触られるかどっちが良い?と二択を迫られた
めずらしく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。 妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。 どちらかいえば、考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。 「どうかした?」後ろから、ちょっと声をかけてみる。 「あっ、兄ちゃん・・・・。」 妹は困ったなぁ、って顔をしていたけど、悲しげとかじゃない表情…。 どうやら失恋したとか、そんな